Agitation Free Nakameguro(アジテーション フリー中目黒 )

基本情報

Agitation Free中目黒について

1990年代初頭のブームからおよそ30年、いまや日本における重要なカルチャーのひとつにまで成長したヴィンテージシーン。近年、ますます加速する人気と比例するかのように、東京には新しいヴィンテージ・ショップが次々とオープンしている。“老舗”と言われる名店や大型店それぞれにも魅力はあるが、よりオーナーとの距離感が近いショップや若い世代がオープンした新しいショップにこそ、これからのヴィンテージファッションのヒントがあるのではないだろうか。さらに言うと、ファッションのトレンドを作り上げる次世代の感性こそが、これまでのヴィンテージの見方を大きく変える気がしてならない。 今回は、“HYPEBEAST City Guide(ハイプビースト・シティガイド)”東京編の第4弾として、近年オープンした注目すべきヴィンテージショップをピックアップ。実際に足を運ぶことでヴィンテージに対する価値観やファッションの楽しみ方を変えてくれる8ショップが揃った。 Agitation Free 大阪と原宿に店舗を構えるヴィンテージショップの名店、『Pigsty(ピグスティ)』から独立した山下健悟氏がオーナーを務める中目黒の『Agitation Free(アジテーション・フリー)』。今年で5年目を迎えたこのショップは、“古いものでも現代にハマる”ことを多くの人に伝えたいという想いがセレクトに色濃く反映されており、年に5回は足を運ぶというアメリカで買い付けられたヴィンテージ古着が山下氏の審美眼によってモダナイズされている。だからこそ、現代のスタイルに合わせても古臭さを感じさせない。とくに影響を受けたという1960~1970年代モノをはじめ、ディテールやシルエットにもこだわりを持つ山下氏ならではのアイテムが、メンズ/ウィメンズともに数多く並ぶ。服だけでなく、店内に飾られたオブジェやアート、1960~1970年代のクラウトロックのBGMにも強いこだわりを持つなど、空間の至るところで広義の意味での“ヴィンテージ”に対するセンスの良さを感じることができるだろう。

出典:https://hypebeast.com/jp/2019/10/tokyo-city-guide-best-hidden-thrift-stores-used-clothing-vintage-shopping-lists-agitation-free-mud-stranger-velvet

MAP