【おすすめ】ヴィンテージ古着の買取・通販

Agitation Free Nakameguro(アジテーション フリー中目黒 )

Agitation Free Nakameguro(アジテーション フリー中目黒 )

1990年代初頭のブームからおよそ30年、いまや日本における重要なカルチャーのひとつにまで成長したヴィンテージシーン。近年、ますます加速する人気と比例するかのように、東京には新しいヴィンテージ・ショップが次々とオープンしている。“老舗”と言われる名店や大型店それぞれにも魅力はあるが、よりオーナーとの距離感が近いショップや若い世代がオープンした新しいショップにこそ、これからのヴィンテージファッションのヒントがあるのではないだろうか。さらに言うと、ファッションのトレンドを作り上げる次世代の感性こそが、これまでのヴィンテージの見方を大きく変える気がしてならない。 今回は、“HYPEBEAST City Guide(ハイプビースト・シティガイド)”東京編の第4弾として、近年オープンした注目すべきヴィンテージショップをピックアップ。実際に足を運ぶことでヴィンテージに対する価値観やファッションの楽しみ方を変えてくれる8ショップが揃った。 Agitation Free 大阪と原宿に店舗を構えるヴィンテージショップの名店、『Pigsty(ピグスティ)』から独立した山下健悟氏がオーナーを務める中目黒の『Agitation Free(アジテーション・フリー)』。今年で5年目を迎えたこのショップは、“古いものでも現代にハマる”ことを多くの人に伝えたいという想いがセレクトに色濃く反映されており、年に5回は足を運ぶというアメリカで買い付けられたヴィンテージ古着が山下氏の審美眼によってモダナイズされている。だからこそ、現代のスタイルに合わせても古臭さを感じさせない。とくに影響を受けたという1960~1970年代モノをはじめ、ディテールやシルエットにもこだわりを持つ山下氏ならではのアイテムが、メンズ/ウィメンズともに数多く並ぶ。服だけでなく、店内に飾られたオブジェやアート、1960~1970年代のクラウトロックのBGMにも強いこだわりを持つなど、空間の至るところで広義の意味での“ヴィンテージ”に対するセンスの良さを感じることができるだろう。

出典:https://hypebeast.com/jp/2019/10/tokyo-city-guide-best-hidden-thrift-stores-used-clothing-vintage-shopping-lists-agitation-free-mud-stranger-velvet

POST 78 (ポスト78)

POST 78 (ポスト78)

店名の”POST 78”のPOSTは、お店を郵便ポスト、商品を手紙やハガキと考え、良い商品をお店に入れて(投函)、お客様が購入してお持ち帰り頂く(配達)という郵便物が循環するイメージから名付けました。”78”は代表者の生まれた1978年からとっています。 日々を心地よく楽しく過ごせるような服、小物をインポート、国内、VINTAGEから厳選してご提案いたします。

neiRo (ネイロ)

neiRo (ネイロ)

Fifth General Store (フィフスジェネラルストア)

Fifth General Store (フィフスジェネラルストア)

元々アメリカ西海岸にて古着ディーラーをしていたオーナーがセレクトした、商品の60%ほどがメンズアイテムだが、ユニセックスに着られるアイテムも多く、メンズアイテムを購入する女性のお客様も多い。 驚くのは、fifth General Store のアイテムは、約8割程のアイテムに直しが入っているんだとか。 「すごく素敵だけれどなんだか形が野暮ったい」「なんだかシルエットが太すぎるな」などの古着特有の難しさに対して、日本人の体形に合うように考えられて直しを入れているようで、そんな所も人気の秘密なのかもしれない。他にも、ヴィンテージ生地を使用したオリジナルのリメイクアイテムも販売しており、人気を博している。

olgou (オルゴー)

olgou (オルゴー)

ヨーロッパからメインで買い付けされた、レディースとメンズの半々ほどの割合で展開するolgou (オルゴー)。 シンプルなデザインのものから民族テイストブラウスやワンピースなどが豊富なレディースアイテム。メンズは軍物やデッドストックの商品も多く取り扱い、USAコンバースCT70まで数多くストック。ヴィンテージのリーバイスの種類も豊富で、即日無料で裾上げしてもらえるサービスまで行っているので、デニム好きの人にもおススメ。 中目黒エリアは高めの金額設定のショップも多い中、olgoは良心的で比較的買いやすい価格帯なところも魅力的だ。

  • 住 所:目黒区 上目黒1丁目10−6 
  • TEL:03-3463-0509
  • 営業時間:13:00~22:00 雑貨店15:00~20:00
  • 定休日:なし

TOOn. (トーン)

TOOn. (トーン)

皆さんは好きなモノや人に出会ったとき、心を打たれたとき、どんな音がしますか? ドキドキ?キュンキュン?ビビビ? この瞬間を、江戸の人たちは「とーんとくる」と言ったそうです。 心の中に何かが落ちて「とーん」と音が鳴り響く。 高知県を愛するTOOn.は、そんな「とーんとくる」体験を、時代・国・ジャンルなど垣根を越えた 古着・雑貨・アクセサリーと、創作書道、高知の品々を通じて皆さんにお届けします。 “組みわせの妙”で、それそのものが持つ以上の魅力を引き出し、輝かせることを目指します。

Nitako (ニタコ)

Nitako (ニタコ)

GARDE-N730 (ガーデンナナサンゼロ)

GARDE-N730 (ガーデンナナサンゼロ)

[ AUTHENTIC CUTE GOODS SHOP ] 小さめサイズのかわいい古着とスニーカー「GARDE-N」 と CAFE「730」が併設したGOOD SHOP♡

KIARIS vintage&closet (キアリズヴィンテージアンドクローゼット)

KIARIS vintage&closet (キアリズヴィンテージアンドクローゼット)

最寄り駅から少し距離があり、便利とは言い難い立地にあるものの、それでも通いたくなってしまうような審美眼のあるセレクトが魅力のKIARIS vintage&closet。 普段はレディースが70%程の割合で展開され、不定期でメンズ商品メインで販売されることも。 海外から買い付けられた商品はアメリカ、ヨーロッパがメインの取り扱い。普段古着を着ない方にも挑戦しやすいベーシックなデザインが多いながら、しっかりとフィルターの通った質の高い商品がラインナップされている。買い付けの為、長期で休業している事もあるので公式Instagram等を要チェック。

moc (モック)

moc (モック)

オーナーは男性ですが、レディースのみの取り扱い。こじんまりとした店内に並べられているアイテムは統一感があってセンス抜群。オーナーは男性ですが、レディースのみの取り扱い。こじんまりとした店内に並べられているアイテムは統一感があってセンス抜群。

出典:https://thetruescents.com/nakameguro-sanpo/

archeologie (アルケオロジー)

archeologie (アルケオロジー)

アルケオロギー(考古学)を店名に冠する人気店。20’s~90’sのアメリカ、ヨーロッパのスタンダードなヴィンテージからクセ、アジのある良質な古着まで幅広く展開している。いつ遊びに行ってもなぜかお店が開いているという様な閉店を感じさせないお店を提案。故に深夜1時まで営業している。

JUMPIN’ JAP FLASH (ジャンピンジャップフラッシュ)

JUMPIN’ JAP FLASH (ジャンピンジャップフラッシュ)

アメリカ買い付けをメインで展開している、幅広い客層から支持を集めるユーズドショップ。 ヴィンテージデニムやヴィンテージのバンドTなども多く、アメリカンカジュアルがお好きな男女にオススメ。また近年では球数が少なく、希少な存在となりつつあるUSEDのUSAコンバースもしっかりとラインナップ。 ユニセックスに着用できるアイテムも豊富に取り扱い、カップルでのデートにもオススメの1件だ。

number3(ナンバースリー)

number3(ナンバースリー)

まさに隠れ家といった築60年の古民家の2Fにある「ナンバースリー」。男、女、ヴィンテージ、新品といったカテゴリーにとらわれない個性的なお店。3番目に寄って欲しい、という想いが込められたショップ名もユニーク。

出典:https://www.houyhnhnm.jp/mag/hynm_edits_vol7/sp/index8.html#01

DEPT.TOKYO (デプト トウキョウ)

DEPT.TOKYO (デプト トウキョウ)

古着屋のDEPTいえ都内では老舗中の老舗。 その後1度は閉店となったものの、現在は創設者の娘(人気ブランドmotherデザイナー eri氏 )が新たにDEPT.TOKYOとしてリスタート。 以前はアメリカ古着専門のお店でアメカジ好きの方が足しげく通うお店でしたが、現在はヨーロッパやアメリカなど幅広い国から買い付けされた古着屋としてアップデートしました。 オーナーeriさんの女性目線でのセレクトで、個性的だけれども大人でも挑戦しやすいアイテムが人気。古着と合わせて、リメイクやオリジナルアイテムの取り扱いもあり、そちらも人気を博しています。

mAnchies (マンチーズ)

mAnchies (マンチーズ)

THE VINTAGE HOOK (ザ・ヴィンテージ フック)

THE VINTAGE HOOK (ザ・ヴィンテージ フック)

LOCO (ロコ)

LOCO (ロコ)

レアなレザーシューズが豊富に揃う「ロコ」。シューズと比べると多くはないが、クロージングもアメリカものを中心に充実している。

TELEPATHY ROUTE (テレパシールート)

TELEPATHY ROUTE (テレパシールート)

アメリカ古着を中心にヴィンテージアイテムでトータルオーディネイトの出来るお店です。

TOKYO LAMPOON (トウキョウ ランプーン)

TOKYO LAMPOON (トウキョウ ランプーン)

中目黒沿いにあるハイブランドヴィンテージをメインに取り扱いするお店。 シャネルやグッチなどのメゾンブランドの商品も、TOKYO LAMPOONは手が届きやすい良心的な価格帯で購入できます。 ハイブランドのヴィンテージに初めて挑戦するにもおススメ! 衣類の他にもバッグや靴、イヤリングやスカーフなどの小物類も充実していてついつい長居してしまいそう。新商品の入荷も頻繁なのでマメにチェックしてみるとお目当てのものに出会えるかもしれません。

Tam (タム)

Tam (タム)

THE MIX nakameguro (ザ ミックス ナカメグロ)

THE MIX nakameguro (ザ ミックス ナカメグロ)

現行モノのブランドと古着をバランス良く展開する複合型ショップ。女性が着られるメンズ服もピックアップしているため、メンズやレディースという区分けにとらわれていないのも魅力。

出典:https://www.houyhnhnm.jp/mag/hynm_edits_vol7/sp/index8.html#01

JANTIQUES (ジャンティーク)

JANTIQUES (ジャンティーク)

中目黒銀座商店街を進んだ場所にある、言わずと知れたJANTIQUES (ジャンティーク)。 幅広いジャンルのヴィンテージ古着を取り扱いの他、古道具や家具、ボタンパーツなどのヴィンテージも並び、見ているだけでワクワクしてしまうショップ。 店内には1900年以前の希少なアンティークドレスまでがラインアップされており、男女問わずジャンクなアンティーク好きが全国から足を運ぶ名店。

Leah-K (リアーケイ)

Leah-K (リアーケイ)

ヨーロッパ古着を中心にビンテージ、アンティーク小物、アメリカ古着、オリジナル商品を取り扱っています。 一度人の手に渡り国を、海を渡り今その手にある事にロマンを感じて頂ければ幸いです。

H (アッシュ)

H (アッシュ)

「大人が通える古着屋」を コンセプトとした、 大人の女性が 日常を楽しく素敵に演出できる 洋服と小物が揃うショップです。

&Dorothy (アンドドロシー)

&Dorothy (アンドドロシー)

60〜80年代USA製をメインに扱っております

DROP (ドロップ)

DROP (ドロップ)

40s〜90sまで幅広い、面白さあるヴィンテージ、古着たちを取り揃えております。

UN CINQ (アンサンク)

UN CINQ (アンサンク)

アン サンク “一期一会”という出会いを大切に ご縁を繋げ、 思いを伝え、 丁寧にお届けしていきたい。 そんな思いを抱き、はじめた小さなお店です。

EREVA (エレヴァ)

EREVA (エレヴァ)

kagamirock (カガミロック)

kagamirock (カガミロック)

Cider (サイダー)

Cider (サイダー)

アメリカのユーズド・ヴィンテージ・ミリタリーアイテムを中心に幅広く取り揃えているサイダー。中でも、MA-1やN-3などのミリタリーウェアや小物が充実しており、キッズやレディースアイテムも取り扱う。希少なヴィンテージは値段がやや張る。ブログでは各アイテムの時代背景や歴史まで紹介している。

出典:https://www.fashion-press.net/news/27959/3

hallelu (ハレル)

hallelu (ハレル)

mistico disco (ミスティコディスコ)

mistico disco (ミスティコディスコ)

『すべての女子にかわいいを提供する!』 をモットーに年代、ジャンルにこだわらずセレクトしたusedヴィンテージ&ヴィンテージジュエリー&ハンドメイドジュエリーのお店です。

EVERGREEN (エバーグリーン)

EVERGREEN (エバーグリーン)

まず注目すべきは、渋谷にあった、今は無き某名店の看板スタッフだったオーナーの存在感。圧倒的な知識量と経験から来る言葉は、買い物客の心をグッと掴んで離さない。その古着の造詣の深さと確かな審美眼は、当時勤めていた名店の感覚を受け継ぎながらも、それをさらにアップデートさせたようなもの。店内には90年代の古着熱を感じさせる、アメリカものが所狭しと並んでいる。さらに、オーナーの奥様が買い付けてきたレディースアイテムのレベルの高さにも驚く。コレクションブランド、ノーブランドかという線引きはなく、単純に1つ1つモノの良さという軸で買い付けているのがよくわかる。つまり、こよなく服を愛するカップルが時間を忘れて夜な夜な買い物を楽しめる古着屋ということだ。「エバーグリーン」の世界観にふさわしいレトロな店構えも溜め息もの。

出典:https://www.houyhnhnm.jp/mag/hynm_edits_vol7/sp/index3.html#01