hawdacot (ハウダコット) 山形

hawdacot (ハウダコット) 山形

埼玉の人気古着ショップが山形市本町にOPEN!店主が大切にする言葉の頭文字を合わせた造語が店名になり、ファッションを通して街を盛りあげたい、そんな想いが込められています。90’sアイテムを幅広く取扱い、高校生から社会人まで男女問わずファッションを楽しめるお店。店主は見た目によらずおしゃべり好きなので、気になるアイテムは気軽に声をかけてみて。秋冬物や古着以外のセレクトアイテムなど最新情報はインスタグラムでチェック!

出典:https://mag.yway.jp/en/life/18541/

ROCKSTEADY (ロックステディ)

ROCKSTEADY (ロックステディ)

アメリカ買い付けでセレクトされた、ヴィンテージから変わり種のレギュラー古着、小物・雑貨・家具類まで幅広く展開。一見ジャンルレスのようで、まとまりのある商品構成は確かな審美眼がなせる技。

Hooked vintage (フックド ヴィンテージ)

Hooked vintage (フックド ヴィンテージ)

レディースヴィンテージ、雑貨、アンティークファニチャーまで幅広いラインナップ。中目黒のジャンティーク出身のオーナーによる、拘りある世界観が魅力的なヴィンテージショップ。

MARTE (マルテ) 原宿

MARTE (マルテ) 原宿

MARTEは、イタリア語で “ 火星 ” を意味し、「新たなる土地、未知なる感覚」 をコンセプトに掲げています。 訪れた一人一人のお客様に、古き良き一点物の価値や魅力を新たな感覚として楽しんで頂きたという想いを持ち、一度訪れたら忘れる事の出来ない、何度も訪れたくなる空間・サービスを提供することを理念としています。 一点物である古着を扱うヴィンテージショップは、買付けルートやバイヤーの感性がお店の特色を左右します。 MARTEでは、商品を一点一点、欧米・欧州・アジアなどに直接赴きセレクト。古着の魅力でもある、年を重ねてもずっと着用したい。と思える様なエイジレスなセレクトを行い、眺めているだけでも楽しめるショップ作りを行っていけるよう、日々努めて参ります。

CHOICE (チョイス)

CHOICE (チョイス)

florida (フロリダ) 下北沢店

florida (フロリダ) 下北沢店

Verandah Aoyama (ベランダ アオヤマ)

Verandah Aoyama (ベランダ アオヤマ)

南青山の骨董通りにある古着屋「verandah aoyama(ベランダ アオヤマ)」。 あまり古着の印象がないこの場所で、コーディネートの幅を広げるベーシックなアイテムを中心に揃え、メンズ・レディースに向けた新しい着こなし、オシャレする楽しみを提供している。 豊富なミリタリーのデッドストックは、ヨーロッパでもまだ焦点が当たっていないものを掘り下げ、一部は今の気分に合わせてオリジナルで染め直したものも。洋服の作り方、生地の質感を大事にしてバイイングするアイテムは、状態の良さと、デザインに遊び心があるかを重視している。 柔らかい日差しが差し込む開放的な店内に、スタイリングの幅を広げるベーシックな服。どこか抜け感や遊びを取り入れたセレクトと、時折顔を出すマニアックなアイテムは、お店に行くことの楽しさを作りつつ、古着に馴染みのない人でもゆっくりと見て欲しいという思いが込められている。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/verandah-aoyama/

LUIK (ルイク)

LUIK (ルイク)

NEW YORK JOE EXCHANGE (ニューヨークジョー)

NEW YORK JOE EXCHANGE (ニューヨークジョー)

洋服や小物の買い取りを行っていて、買い取りだけではなく独自のトレードシステムにより服の交換も行っている新感覚のリサイクルショップ!!取り扱いアイテムも多く店内の商品は全品一万円以下のみの展開!!また毎月第一日曜日には店内の商品が全て半額になるセールを行っています。

DECADANCE (デカダンス)

DECADANCE (デカダンス)

枠にとらわれないセレクトで古着ならではの、ジャンルレスな独自の着こなしを提案。一点物のヴィンテージから、面白いデザイン物、定番のカジュアルウェアまで、幅広く取り扱われている。メンズ中心だが、ユニセックスな商品も多く、女性や、カップルにもオススメ。

tahlia store (タリアストア)

tahlia store (タリアストア)

東京・世田谷の古着屋「tahlia store(タリアストア)」。”直感で自由にファッションを楽しむ”というお店は、木の温かみや、モード感をミックスした雰囲気があり、異世界への入口のよう。 アイテムは、素材やデザインに”違和感”があるものを買付てくるというオーナーの鎗田さん。PVC、ラメ、メタリックなど主張が強い素材も、アイテムの個性を残したスタイリングで提案している。 店内は、(旦那さんこだわりの)かまくらをモチーフにした壁面が印象的で、看板やレジ台はオーナー夫婦の好きな大衆酒場をイメージ。お店は東急世田谷線の上町駅と世田谷駅から徒歩4分ほどの世田谷通り沿いにあり、目印の白い提灯を頼りにふらっと立ち寄って欲しい。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/tahlia-store/

humor (ユーモア)

humor (ユーモア)

柄モノのユニセックス古着がぎっしり詰まったお店は、アクセサリーやシューズ、小物なども豊富に揃え、古着屋らしくアイテムを漁る楽しさを提供している。 デザイン性を重視して買い付けるアイテムは、幼少期から自然が大好きだというオーナー裕太郎さんの個性を反映し、アニマル・花柄が特に充実。アクセサリーは、花モチーフの大ぶりなリングやピアスから、スプーン・フォークの柄や海外コインをモチーフにしたオーナーの手作り品も並んでいる。 店内は、観葉植物やドライフラワー、コレクションしているクマ・パンダ・ヒツジ・シカのラグが並ぶ癒しの空間に仕上げ、若いお客さんも買いやすいようにと、入口のシューズコーナーはどれも2,000円、他にも均一価格のラックを用意。買い物袋には1点ずつ手書きでサインをするなど細やかな心遣いをしている。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/humor/

Santa Monica (サンタモニカ) 表参道店

Santa Monica (サンタモニカ) 表参道店

《サンタモニカ表参道店》は、VINTAGEが中心で、年齢や、性別を問わずに楽しんでいただけるようにMEN'S、LADY'Sはもちろん、KID'Sのいかにもサンタモニカという商品セレクトを心掛けています。 定番のLEVI'S501や、アンティークワンピースを始めとする古き良きものから、レアなデッドストックもの、現在のアメリカのNEWアイテムなど、個性的な商品をサンタモニカの目線でそろえています。  ここはサンタモニカのお店の中でも1番歴史が古く、1979年に1号店として、今はだいぶ変わったこの 表参道にオープンしました。ここは創業当時からのお客様にもご家族で来店いただける昔ながらの場所です。

出典:https://www.harajuku-santamonica.com/

Boudoir (ブドワール)

Boudoir (ブドワール)

店名は、婦人の私室を意味するフランス語から。「大人の女性も楽しめるようにリペアは徹底的に。商品タグには、なるべく年代も記載。その時代背景を想像し、着古された一着に愛着を持ってもらえればと思います」。 内装も自分たちでDIY的に。「水曜は予約制。お客さまと長くおしゃべりできるのも“私室”っぽいかなって」

出典:https://numero.jp/20171021-shop-list/p4

orfeo (オルフェオ)

orfeo (オルフェオ)

アイテムはアメリカ・ヨーロッパで買い付けており、年代・国にはこだわらず、新品と相性の良いものをセレクト。1日に10点以上追加されるため、週に1度来店しても飽きることなく通うことができる。 中でも、レディースのパンツは種類が豊富で、デニムやリネン、ハイウエストやイージーパンツ、柄物やスウェットなど、パンツ目当てで来店する人もいるほど。”ただ古着を売るだけではつまらない”と語る店長。買う時に楽しめて、着て褒めてもらえるような服を提案したいと、店内はもちろん、SNSでも服単体だけでなく、コーディネートを紹介している。オーナー夫婦が、”何かしらのお店”をやりたいと思っていた時に、偶然見つけ、フィーリングとタイミングで始めたという同店。個性は残しながらも、今の服とも合わせやすい、程よい主張のさじ加減の古着は、そんなリラックスした姿勢が反映されている。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/orfeo/

iroha (イロハ)

iroha (イロハ)

モード&ストリートをコンセプトに、独自の視点でセレクトしたアイテムをジェンダーレスに提案する。 アイテムは、90年代以降のレギュラー古着がメインで、古着の中でも清潔感があるとこを重視。開放感のある店内は、カテゴリーやカラーごとにラックが分かれ、見やすい空間になっている。 古着をもっと身近に感じて欲しいと、シルエットやデザイン、素材感を厳選し、状態にまでこだわったアイテム。シンプルなものから個性的なものまで揃えたセレクトで、モード&ストリートのブレの無い世界観を作っている。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/iroha-tokyo/

FILM (フィルム)

FILM (フィルム)

アメリカの西海岸で買い付けた60~90年代のメンズ・レディースを中心に、キッズ古着や雑貨・インテリアなど、豊富なラインナップが揃う。 “古着屋って感覚じゃない”とオーナーの島田さんが語るように、アメリカの工場で直接買い付けた食器や花瓶、ヴィンテージのランプやカセットテープ&デッキなど、遊び心を忘れないようにと、好きなモノだけ集めたコレクション部屋のような同店。お店は、下北沢の南口を出て徒歩5分ほどの茶沢通り沿いにあり、ゆっくり見て欲しいと日当たりの良いテラス席も用意。服だけでない新しいアイテムとの出会いをじっくりと探索して欲しい。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/film/

Pigsty (ピグスティ) 梅田店

Pigsty (ピグスティ) 梅田店

アメリカから買い付けて来た厳選されたアイテムは、老若男女が楽しめるアメカジスタイル。 各時代のファッションシーンを捉えながらピックされたグッドレギュラーから、1点物のヴィンテージまで豊富なラインナップはいつ訪れても欲しいものが見つかる名店。 古着ビギナーからコアなファンまで幅広く支持を集める、関西を代表する老舗古着屋。