【おすすめ】ヴィンテージ古着の買取・通販

GRIZZLY (グリズリー) 堀江本店

GRIZZLY (グリズリー) 堀江本店

本店はヴィンテージとユニセックス、ストリートをコンセプトとしてます。

A Day In The Life(アデイインザライフ)神戸

A Day In The Life(アデイインザライフ)神戸

神戸、大阪にて英国をメインにヨーロッパ古着を主に取り扱うお店です。

RUSH OUT (ラッシュアウト)

RUSH OUT (ラッシュアウト)

ラッシュアウトは、日本屈指の商品点数を誇るアメリカ古着専門の通販店の実店舗です。 アメリカの契約倉庫、ディーラーより1点1点厳選して仕入れたヴィンテージからレギュラー、ブランドなどを多く取り揃えています。 大量に仕入れているから、質がいいヴィンテージ古着を低価格で購入できるため、格安で販売しています。

出典:https://www.rushout.jp/hpgen/HPB/entries/202.html

Reveille (リヴァリー)

Reveille (リヴァリー)

ヴィンテージ、古い洋服でつくる ナチュラル、モダン、現代的なスタイルをご提供できればと思います。

GRIMOIRE (グリモワール)

GRIMOIRE (グリモワール)

アンティーク調の雰囲気の店内は、まるで中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのような完成された世界観をもつ。 商品は、ヨーロッパからの買い付けがメインでレースや花柄などのガーリーな雰囲気のレディースアイテムがメイン。 デイリー使いから、パーティーやウェディングにも着回せそうなアイテムまで、拘りぬいたラインアップ。また、1点ものの古着ならではサイズ感の悩みも、GRIMOIREはサイズ直しを施してくれるのも嬉しいポイント。

iroha (イロハ)

iroha (イロハ)

店内のラックにはオーナーの高さんによって、テーマは決めずその時の気分を大切にしてピックしたという古着が埋め尽くす。カラフルなジャケットやファニーな柄のワンピースなど、女性ならではな古着のセレクトは流石。「大人の女性に普段から着て欲しいです」とオーナーの高さん。そんな想いがギュッと詰まった乙女心満載のお店なのだ。

出典:https://comepass.jp/article/post-64757-6/

REPRESENT (リプレゼント)

REPRESENT (リプレゼント)

USA古着を中心にビンテージ、レギュラー、ブランド古着など独自の視点で幅広く商品をセレクト。メンズ、レディース古着ともに豊富に取り揃えております。

Dracaena (ドラセナ)

Dracaena (ドラセナ)

メンズとレディースの割合は以前と同様にちょうど半分ほど。母体が卸事業も展開しているとあって、その守備範囲はあまりに広大。お宝級ヴィンテージからレギュラーまでを当価値で並列する感覚はさながらセレクトショップを思わせます。 2014年に実店舗をオープンする以前から同じ屋号で古着の卸事業を長年展開していたという〈ドラセナ〉は、近年古着屋が乱立する吉祥寺きっての有力店。その店名は幸福の木の学名に由来しているとか。 2014年に実店舗をオープンする以前から同じ屋号で古着の卸事業を長年展開していたという〈ドラセナ〉は、近年古着屋が乱立する吉祥寺きっての有力店。その店名は幸福の木の学名に由来しているとか。

出典:https://www.houyhnhnm.jp/feature/209778/

Racey(レースイ)

Racey(レースイ)

Raceyは1点1点厳選して仕入れてきたこだわりの古着、雑貨をリーズナブルな価格で販売しております。 古着が初めてのお客様から、ヴィンテージがお好きなお客様も楽しんでいただける幅広い品揃えに加え、 メンズ・レディース・キッズサイズも豊富にございますので、ご家族でもお気軽にお越しください。

HOORAY(フーレイ)

HOORAY(フーレイ)

アメリカで古着の卸しで働いていた店主の久次米 成二さんが、「合コンにもさらっと着て行けるUSEDを」と16年9月にオープン。買い付けはフランスやドイツ、チェコにハンガリーといったヨーロッパを中心に、バイヤー時代に培った自慢の嗅覚を携え、あてもなく行き当たりばったりでバイイングを決行。「みんなが同じ方向を向いたらオモロくないやん(笑)」と、ブラックカルチャーをルーツとするストリートスタイルをユーロモノで提案。その斬新な試みに早くもシーンを賑わせそうな香りがプンプンと漂ってくる!

出典:https://comepass.jp/fashion/post-28378

H (アッシュ)

H (アッシュ)

「大人が通える古着屋」を コンセプトとした、 大人の女性が 日常を楽しく素敵に演出できる 洋服と小物が揃うショップです。

Epic(エピック)

Epic(エピック)

“アメカジ×ストリートカルチャー”というコンセプトのもと、ストリートスタイルにすんなりハマるUSEDアイテムを全米からピック。中でも注目したいのは、“オールドBMX”の取り扱いだ。古着同様、古い車体がもつ魅力を実際に味わってほしい。また、’90sの<ACG>などスポーツブランドによるアウトドアギアも積極的に集めているそうで、この辺が好きな人はチェックが必要だね。

出典:https://comepass.jp/fashion/post-16619

vivie(ヴィヴィー)中崎町店

vivie(ヴィヴィー)中崎町店

2Fの『vivie』は、トレンド~ヴィンテージまでを幅広くセレクトし、レディースアイテムだけではなく女子が着て可愛いメンズアイテムも豊富な現在進行形の“カワイイ”を提案。また、“ビル丸ごとピグスティ”といった大きな空間を活かし、3Fのフリースペースでは様々なイベントが今後は開催されるとか。こちらも要チェック。

出典:https://comepass.jp/article/post-64757-3/

DAILY DOSE quality stuff(デイリードーズ・クオリティスタッフ)

DAILY DOSE quality stuff(デイリードーズ・クオリティスタッフ)

大阪の南堀江にある古着とセレクトのちいさなお店です。 「クラッシックかつモダン」でいて「清潔感もあって毒もある」そんなスタイルを提案したいお店です。 VintageがとかUsedがとかアメリカ製じゃないとどうとか、その辺はいい意味で拘ってません。 基本インポート物のみの扱いですが、雰囲気のあるものは扱います。

qosmos (コスモス)

qosmos (コスモス)

渋谷の雑居ビルの一室。その隠れ家のような空間の中で、世界中から様々な年代の衣料や雑貨を興味のままに集めて来ています。異なる時代性やジャンルが入り混じりながらも、興味が惹かれるもの。そこにオリジナルプロダクトをデザイナーと共に作り上げていき、古い物と新しい物を繋げています。

hickory (ヒッコリー)

hickory (ヒッコリー)

まだ下北沢に古着屋が少なかった12年前にオープンし、気軽な普段着としての古着を提案。アメリカ仕入れのアイテムを、リーズナブルな価格で提供し続けている。 アイテムはアメリカ製にこだわっており、50~90年代を中心に、生地もできる限り自然素材を厳選。メンズ・レディースに加え、キッズやアウトドア・ミリタリーの大きなバックパックの品揃えも多く、家族でコーディネートを楽しむことができる。 70年代のアメリカ映画、音楽に影響を受けたというオーナーの藁谷さん。好きなものを大切にし続ける優しい人柄が、気軽に出入りでき、買いやすい価格で長年愛されるお店に反映されている。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/hickory/

MARTE (マルテ) 大阪

MARTE (マルテ) 大阪

MARTEは、イタリア語で “ 火星 ” を意味し、「新たなる土地、未知なる感覚」 をコンセプトに掲げています。 訪れた一人一人のお客様に、古き良き一点物の価値や魅力を新たな感覚として楽しんで頂きたという想いを持ち、一度訪れたら忘れる事の出来ない、何度も訪れたくなる空間・サービスを提供することを理念としています。 一点物である古着を扱うヴィンテージショップは、買付けルートやバイヤーの感性がお店の特色を左右します。 MARTEでは、商品を一点一点、欧米・欧州・アジアなどに直接赴きセレクト。古着の魅力でもある、年を重ねてもずっと着用したい。と思える様なエイジレスなセレクトを行い、眺めているだけでも楽しめるショップ作りを行っていけるよう、日々努めて参ります。

PANNA (パナ)

PANNA (パナ)

店内には、<リーバイス>や<チャンピオン>といった定番物に、80〜90年代のスケート物をミックスするなど、ストリートな匂いを感じさせるものたちがラインナップ。とはいえ、レッドやイエローといった発色の良いファニーなデザインのものも多く、それらを目掛けてくる女性ファンも多いんだとか。写真は「フレンドリーなオーナーと、メンズ服を感じさせないセレクトが大好きでお客として通っていました」と、今ではスタッフとして働く中原さん。彼女のスタイルを見ての通り、アメカジに適度なストリート感をプラスしている。カップルで行ってみてほしい古着屋のひとつ。

出典:https://comepass.jp/featured/post-48573

neuf (ヌフ)

neuf (ヌフ)

インスタグラムでは多くの古着男子、古着女子から絶大な支持を集めるヌフ。定番のラルフローレンやハードロックカフェ、トミーやアディダスなどいつでも買えるほど常にストックされている。 毎日更新されるスタッフさんの古着コーディネート、商品紹介も要チェック。

KEY (キー)

KEY (キー)

アメリカ各州を周り、自分が良いなと思う物を持って帰ってきて販売しています。メンズ・レディース共に展開しています。

BORN (ボーン)

BORN (ボーン)

通販希望の方はDM or LINE LINEID:bornclothing0917

gaijin (ガイジン)

gaijin (ガイジン)

2008年7月7日にopen 今季は「ミモザ シャンパン チェリーボンボン」をテーマに欧米に足を運び、ビンテージ&古着を買い付けています。 作家さんの小冊子や音源も、お洋服やグッズもお取り扱いしています。

aNz (アンズ)

aNz (アンズ)

国内外から買い付けた商品は、トレンドを抑えつつも一癖あるレギュラーアイテムや流行に左右されない一生物のヴィンテージやアンティークアイテムを展開。 中でも得意な「和」をコンセプトに、古き良き物を今の時代にジャンルレスで提供しています。 「こだわり」を追求し続け幅広い年齢層の方とリンクしていきたいと思います。

MARTE (マルテ) 原宿

MARTE (マルテ) 原宿

MARTEは、イタリア語で “ 火星 ” を意味し、「新たなる土地、未知なる感覚」 をコンセプトに掲げています。 訪れた一人一人のお客様に、古き良き一点物の価値や魅力を新たな感覚として楽しんで頂きたという想いを持ち、一度訪れたら忘れる事の出来ない、何度も訪れたくなる空間・サービスを提供することを理念としています。 一点物である古着を扱うヴィンテージショップは、買付けルートやバイヤーの感性がお店の特色を左右します。 MARTEでは、商品を一点一点、欧米・欧州・アジアなどに直接赴きセレクト。古着の魅力でもある、年を重ねてもずっと着用したい。と思える様なエイジレスなセレクトを行い、眺めているだけでも楽しめるショップ作りを行っていけるよう、日々努めて参ります。

FUGS (ファグス)

FUGS (ファグス)

アメリカ村でMens & Ladys を扱う『古着屋 FUGS』です。音楽/サブカルチャーを意識しましたVINTAGE~オールド~デザイナーズ古着が店内に並びます。60年代にイギリス ロンドンから起こったファッションムーブメント「Swinging London」を意識したオリジナルブランド『KOMURASAKI』をはじめ『70s デニムを使用しました当時を完全再現したベルボトム』などオリジナルアイテムも随時展開しています。

A Day In The Life(アデイインザライフ)大阪

A Day In The Life(アデイインザライフ)大阪

神戸、大阪にて英国をメインにヨーロッパ古着を主に取り扱うお店です。