【おすすめ】ヴィンテージ古着の買取・通販

LUIK (ルイク)

LUIK (ルイク)

Arca vintage(アルカヴィンテージ)

Arca vintage(アルカヴィンテージ)

NOIR (ノワール)

NOIR (ノワール)

vintageやYSL,GUCCIなどの80's前後のデザナーズ古着を扱っています。

一善(ICHIZEN)

一善(ICHIZEN)

恐らく東京で最も遅い時間まで開いている古着屋。昔ながらのアメカジ古着をはじめ、オーナー清水氏の趣味でもあるバイク関連のアイテムも多く取り揃えている。現在は立て替え工事中で、お店はクローズしているが電話すれば倉庫の古着を見せてもらえる。 朝3時まで営業しているという脅威の夜型古着屋「一善」。現在は立て替え工事中ということだが、近くのアパートを倉庫代わりにしていて大量の古着をそこにストックしている。ラインナップはアメカジ古着というカテゴリーで、〈リーバイス〉や〈レッドウイング〉、〈ニューバランス〉に〈コンバース〉などといった鉄板どころをはじめ、ミリタリーやワークのヴィンテージも大量に扱っている。さらに70’S〜のバイクヘルメットやライダースなども多く取り揃えるので、服だけを扱う古着屋とは一線を画す。またオーナー清水氏に欲しいものを相談すると、奥から色々なものを取ってきてくれるといった、昔ながらの服屋のスタイルも魅力だ。

  • 住 所:東京都世田谷区上馬1丁目31-8 
  • TEL:080-3006-5569
  • 営業時間:20:00~27:00
  • 定休日:雨の日

yaiya(ヤイヤ)

yaiya(ヤイヤ)

唯一無二な独自のセレクトのyaiya。 古着屋ですが、オーナーはスタイリングなどのお仕事もしており、そのスタイリングセンスが抜群かつ独自の世界観で、ファンの人も多い。 「一生切れる服の集合体」をテーマにしており、メゾンブランドやDCブランドのヴィンテージも並び、レアなアイテムに出会えることも。 店舗の開店日は不定の為、公式SNSよりチェックしてほしい。

ZIG (ジグ)

ZIG (ジグ)

東京・三軒茶屋の古着屋「zig(ジグ)」。 ヴィンテージに飽きた大人でも着られる、今の時代に合ったメンズ・レディースを提案する。 アイテムは、古い新しいを問わず「今着たいもの」をセレクト。古民家をリノベーションした落ち着きのある店内に、一点一点表情の異なるアメリカ仕入れのアイテムが並んでいる。 元々、国内の古着卸、店舗を経験してきたオーナーの中島さん。ディテールや年代、量産かレアを瞬時に見極める審美眼は、これまで見て来た膨大な古着の数が物語っている。特に今は90’sの空気を取り込みつつ、70’sを厚めに扱い、メンズは中島さんが、レディースは奥さんが担当。形や柄がやり過ぎていない、大人が今の気分で着られるアイテムを厳選している。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/zig/

BANK (バンク)

BANK (バンク)

三軒茶屋の古着屋「BANK(バンク)」。 普遍的ながら”今”に合ったアイテムが並ぶお店は、時の経過で魅力が増す古着の魅力を伝え続けている。 アメリカで買付けるアイテムは、サイズ感にこだわっており日本人でもぴったりくるよう厳選。大人のコーディネートとして着まわしやすいソリッドな提案で、今の時代に合うようシルエットを少し細くしたLevi’sのリメイクをはじめ、VAN’Sのヴィンテージコレクションも豊富に揃う。 また、オープン当初から継続しているオリジナル商品は、時代に即しすぎず、新品・古着では見つからないアイテムを製作。飽きのこないシンプルなデザインの無地Tシャツやボーダーのカットソー、ニットといった定番のディテールを追求し続けている。

出典:http://www.deedfashion.com/shop/bank-twovirgin/