特集

【#古着入門解説】コムデギャルソン(GARCONS)のラインを解説

日本を代表するブランドの一つであるコムデギャルソン(COMME des GARCONS)。世界中に熱狂的なファンが存在し、古着好きからも多くの支持を得ているこちらのブランドにはどのような魅力があるのでしょうか?

この記事では、コムデギャルソンの歴史やブランドライン、古着としての魅力を紹介していきます。古着が好きな方やギャルソンファンは是非チェックしてみてください。

 

コムデギャルソンとは?

引用:http://www.logo-wallpaper.com/fashion/comme_des_garcons.html

日本発の有名ブランド、コムデギャルソンは1969年にスタイリストの川久保玲の手によって誕生しました。当初はウィメンズのみの展開であったものの、ブランド名のCOMME des GARCONSはフランス語で「少年のように」という意味。特に深い意味がある名前ではないらしく、川久保玲自身もブランド名について「他との差別化する程度のこと」と発言しています。

 

ジェンダー的な要素が少なく、孤高の女性をイメージしたそのスタイルは瞬く間に人気となり多くのファンを獲得していきました。75年には東京コレクションでデビューを果たし、同年に株式会社コムデギャルソンが設立されました。また、78年からはメンズライン「COMME des GARCONS HOMME」の展開がスタートしました。

 

80年代においてもその人気が衰えることが無く、おかっぱ頭のコムデギャルソンの黒い服を着た女性たちを称す「カラス族」という言葉が誕生するほど熱烈な支持を得ていました。また、この頃に小久保玲はデザイナーである山本耀司と共にパリに渡ります。81年にはパリコレクションデビューも果たし、当時のファッショントレンドに一石を投じるような独特の世界観を持つコレクションを披露したことにより注目を浴びることとなります。「黒の衝撃」とも揶揄されたギャルソンのアイテムには賛否両論の声が上がりましが、ここから時が経つにつれて多くのデザイナーやファッショニスタに受け入れられるようになります。

 

現在では世界的ブランドとの地位を確立しているコムデギャルソンは古着としての人気も非常に高いです。世界を圧巻した80年代や90年代に販売されていたアイテムは現在でも多くのファンに愛されているのです。また、様々なブランドラインを展開していることにより多くの層の支持を獲得することにも成功をしています。

 

ブランドライン紹介

今回は数多くのブランドラインを展開するコムデギャルソンの中でも、特に人気のある10のラインを紹介していきます。それぞれのラインに独自のスタイルや魅力が存在するので、皆さんも自分の好みに合うようものを見つけてみてください。

 

①COMME des GARCONS(コムデギャルソン)

引用:https://www.pinterest.de/pin/ 30751209933912297/

1つ目に紹介するラインはCOMME des GARCONSです。デザイナーはブランドの創設者、川久保玲が務めています。レディース向けのこちらのラインはコムデギャルソンの原点にして頂点です。最も高価であり、最も世界観が出ているラインであると言えるでしょう。81年のパリコレレクションで披露されたアイテムもこちらのラインのものですね。コムデギャルソンを語る上では絶対に外すことのできないラインです。

 

②COMME des GARCONS HOMME(コムデギャルソン・オム)

引用:https://item.fril.jp/0481923c2ac94 339dfd5dc53583b18a4

2つ目に紹介するラインはCOMME des GARCONS HOMMEです。コムデギャルソンのメンズの中の定番であるこちらのラインは、クラシカルとモダンを合わせたスタイルハイカジュアルスタイルなどを展開しています。落ち着いた雰囲気のデザインが多いこちらのラインは大人のメンズからの人気が高いです。ブランドライン創設時は川久保玲がデザイナーを務めていましたが、2003年に渡辺淳弥がデザイナーに就任しました。

 

③COMME des GARCONS HOMME PLUS(コムデギャルソンオムプリュス)

引用:https://store.shopping.yahoo.co.jp/ bazzstore/6615725692221.html

3つ目に紹介するラインはCOMME des GARCONS HOMME PLUSです。川久保玲がデザイナーを務めるこちらのラインはギャルソンメンズの代表格というに相応しいです。先ほどのCOMME des GARCONS HOMMEに最上級を意味するPLUSというワードが加わったこちらのブランドラインは、その名の通りメンズにおける最上級ラインであります。モードスタイルが特徴であるこちらのラインには独特の世界観を持つアイテムが多く存在し、コアなファンからの人気が非常に高いです。また、素材にも最高級のこだわりがある点もこちらのラインが支持される理由の一つであると言えるでしょう。

 

④COMME des GARCONS HOMME DEUX(コムデギャルソン・オムデュ)

引用:https://www.trefac.jp/store/ 3008005386980051/c646648/

4つ目に紹介するラインはCOMME des GARCONS HOMME DEUXです。川久保玲と栗野宏文がデザイナーを務めるこちらのブランドラインは、「日本製の日本人のためのビジネススーツ」をコンセプトとしています。そのため、素材やデザインにこだわったクラシカルなアイテムが多い印象です。また、近年ではカジュアルなスタイルのアイテムも提案しており、そのコンセプトは「ハンサムな心のためのスーツ」へとマイナーチェンジされたそうです。

 

⑤COMME des GARCONS COMME des GARCONS(コムデギャルソン・コムデギャルソン)

引用:https://www.trefac.jp/store/ 3017006928570380/c702177/

5つ目に紹介するラインはCOMME des GARCONS COMME des GARCONSです。普段使いのしやすいギャルソンというコンセプト持つ、川久保玲がデザイナーを務めるレディース向けのラインとなっています。「コムコム」とも略されることのあるこちらのブランドラインは、コムデギャルソンの中では比較的シンプルめでナチュラルなアイテムが多いため、多くの人に愛用されています。

 

⑥COMME des GARCONS SHIRT(コムデギャルソン・シャツ)

引用:https://jamtrading.jp/fs/jamtrading/ was6898

6つ目に紹介するラインはCOMME des GARCONS SHIRTです。1988年に川久保玲がシャツ特化のブランドラインとしてスタートさせました。多くのアイテムがフランスで生産されており、インポートラインとしての立ち位置でもあります。手軽で使いやすいというシャツの特徴から古着としての人気も非常に高いラインとなっています。古着屋で見かけるギャルソンのシャツの多くは、このラインのアイテムであることが多いでしょう。また、現在ではシャツだけでなくトータルアイテムも展開しているそうです。

 

⑦COMME des GARCONS JUNYA WATANABE(コムデギャルソン・ジュンヤワタナベ)

引用:https://www.playful-dc.com/products/details67374.html

7つ目に紹介するラインはCOMME des GARCONS JUNYA WATANABEです。渡辺淳弥がデザイナーを務めるこちらのブランドラインは、メンズとウィメンズの両方で展開されています(メンズはCOMME des GARCONS JUNYA WATANABE MENというライン名)。独自の世界観を持つアイテムが多く存在するこちらのブランドラインは、川久保玲のCOMME des GARCONSと比較されることも多く、「ジュンヤ派」とも呼ばれています。

 

⑧CDG(シーディージー)

引用:https://twitter.com/otaichi_komakia/ status/ 830311416988995585?lang=da

8つ目に紹介するラインはCDCです。2018年にスタートした新しめのブランドラインで、川久保玲がデザイナーを務めています。全てのアイテムがユニセックスで展開されている点やオンラインで購入できる点、現在的なデザインのアイテムを多く展開している点などからファンも多いです。現在のコムデギャルソンで最も人気のあるブランドラインと言っても過言では無いでしょう。歴史の浅いラインですが、ユーズド物などであれば取り扱っている古着屋も多いです。

 

⑨PLAY COMME des GARCONS(プレイ・コムデギャルソン)

引用:https://www.pinterest.nz/pin/ 639229740831564813/

9つ目に紹介するラインはPLAY COMME des GARCONSです。川久保玲がデザイナーを務めるこちらのブランドラインはシンプルなアイテムが多く、「デザインをしない」というコンセプトを掲げています。ハートをイメージしたキャラクターに象徴されるこちらのラインは、コムデギャルソン随一の知名度を誇っています。コムデギャルソンにあまり詳しくない方でも、こちらのキャラクターが入ったアイテムを見たことがあるという人も多いと思います。こちらのラインもCDG同様ユニセックスでの展開となっています。

 

⑩BLACK COMME des GARCONS

引用:https://www.trefac.jp/store/ 3090018041192360/c367709/

最後に紹介するラインはBLACK COMME des GARCONSです。こちらのブランドラインは、他ラインに比べて価格が抑えられていることからセカンドラインのような役目を果たしています。黒を基調としたシンプルなアイテムが多い印象です。そのデザインと価格帯から若者層に非常に人気がありますね。

 

コムデギャルソン古着の魅力

日本のみならず世界中から支持されているコムデギャルソンですが、その理由はどのようなところにあるのでしょうか?

ここからは、コムデギャルソンの魅力を古着というカテゴリーに絞って紹介をしていきます

 

・独特のデザインと世界観

まず、コムデギャルソン最大の魅力であると言えるのがそのデザインや世界観です。他のブランドには無いようなデザインやコンセプトの服を展開するコムデギャルソンはファッション業界において唯一無二の存在感を示しています。ランウェイで披露されるコレクションの多くは芸術とも言えるほどの美しさやメッセージ性を備えています。このような独自性を持つアイテムは古着との相性が非常に良く、個性的なファッションを楽しみたい方にはまさにピッタリでしょう。

・ジャンルの多さ

コムデギャルソンの魅力はそのアイテムジャンルの多さにもあります。COMME des GARCONSからPLAY COMME des GARCONSに至るまで様々なコンセプトのブランドラインを展開されているので、自分好みのアイテムを見つけることができるでしょう。

・品質の良さ

アイテムの品質の良さもコムデギャルソンの魅力です。日本やフランスでの生産にこだわっているいる上に、アイテムの生産量を減らして会社の規模を小さくすることにで、質の高いアイテムの提供を実現しています。古着はアイテムの状態が気になってしまうという方も多いと思いますが、コムデギャルソンのアイテムは古着であっても品質を心配する必要は無いです。

・価格

最後の魅力であるのがその価格です。古着であればコムデギャルソンのアイテムであっても比較的手の届きやすい価格帯で販売されていることも多いです。高級ブランドの服を着てみたいという方や周りとひと味違うお洒落を楽しみたいという方は是非コムデギャルソンのアイテムを手に入れてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?コムデギャルソンのアイテムは本当に魅力的なものが多いので、ついつい欲しくなってしまいますよね。

 

ちなみに、当サイトでは全国の古着屋を紹介するサービスを提供していますので、古着を購入する際は参考にしてみてください。

 

 

参考サイト

コムデギャルソンの歴史 1980年まで

【ブランドざっくり解説】コムデギャルソン