特集

【#古着入門解説】改めて紐解く、トミーヒルフィガーの魅力とは。

古着好きから多くの支持を得ているトミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)。アメリカを代表するこちらのブランドはどのように人々を魅了しているのでしょうか?

この記事では、トミーヒルフィガーの古着の歴史や魅力、着こなしのコツやおすすめアイテムなどを紹介していきます。

また、メンズ・ウィメンズのどちら共に対応した記事となっていますので男性の方も女性の方も是非チェックください。

そもそもトミーヒルフィガーって?

引用:http://growaround.net/blog-entry-5771.html

トミーヒルフィガーはアメリカ発のアパレルブランドで、主にシャツや時計、財布などのアイテムを販売しています。Snoop Dogg(スヌープドッグ)やBritney Spears(ブリトニースピアーズ)といった90年代のスターアーティストたちがこのブランドはの服を着用していたことでも知られていますね。

カジュアルと品の良さを兼ね備えたこちらのブランドのアイテムは、メンズ・ウェメンズ共に人気があります。皆さんも一度は赤・青・白を掛け合わせブランドロゴを目にしたことがあると思います。街中でトミーヒルフィガーの服を着てる人を見かけることは当たり前と言えるほど、日本でも浸透しているブランドです。また、ビジネスシーンからプライベートまで様々なシーンに合わせた商品が展開されているのも特徴ですね。

ブランドの歴史

トミーヒルフィガーの歴史は、1984年にモーハン・マジャー二というビジネスマンがトミーヒルフィガーというフリーランスのデザイナーと出会ったことによりスタートします。ヒルフィガーの能力に目を付けたモーハンはブランドの立ち上げを提案し、85年にはヒルフィガーが初のコレクションを発表します。

着実に支持を得ていったヒルフィガーのブランド「トミーヒルフィガー」は、ついに92年には上場を果たします。また、95年にはCFDA(アメリカファッション協議会)の主催するメンズ・デザイナ・オブ・ザ・イヤーを受賞し、ブランドの知名度と地位はより高まっていきました。

現在では世界中でその事業を展開している他、レディース向けラインやデニムのラインなども存在しています。ブランドとしての地位は絶大で、若者からビジネスマンまで多種多様な層からの支持を得ることにも成功しています。

 

トミーヒルフィガーの魅力

引用:https://khaki.official.ec/items/19292682

多くのファンが存在するトミーヒルフィガーの古着ですが、その人気の理由はどのようなところにあるのでしょうか?こちらの項目では、人気の理由を3つの魅力から考えていきます。

・ファッション性

まず、トミーヒルフィガーの最大の魅力であると言えるのがそのファッション性です。古着として販売されているトミーヒルフィガーのアイテムの多くは90年代に販売されていたものです。これらの年代のアイテムの多くはカラフルで個性的ですが、それと同時に気品もあります。そのため、カジュアルコーデで使用できるのはもちろん、きれいめなジャケットやパンツなどと合わせることもできます。また、サイズ感もアイテムによって変わってくることから、自分の好みにあったアイテムを必ず見つけることができると思います。

その使いやすさから古着ビギナーにおすすめなのは勿論、発色豊かなカラーリングのアイテムが多く、合わせるアイテムによって自分なりのアレンジを利かすことができます。

・価格

2つ目の魅力はその価格。トミーヒルフィガーは古着で購入するとロープライスで手にすることができます。シャツであれば3000円程度、アウターであれば1万円程度で販売されていることも珍しくありません。ついついお財布の紐が緩みがちなのでご注意を!

ここまで低価格であるとアイテムの物持ちが心配になってしまう方もいるかもしれませんが、その心配は無用です。ラルフローレンやステューシーというようなブランドにと比較しても劣らず、数千円のアイテムであっても品質はしっかりとしています。

多くの古着を買い揃えたいと思っている方も、お財布事情の厳しい方にもトミーヒルフィガーは重宝すること間違いなしです。

・商品数

3つ目の魅力はそのバリエーションです。トミーヒルフィガーの古着には多種多様なアイテムが存在しています。派手な色を使ったポロシャツからワンポイントのシャツまで、様々なシーンやコーディネートで使いわけることもできます。また、帽子や時計、財布などのアイテムも存在することから統一感のあるコーディネートにすることも可能です。現在販売されているアイテムの中に一つだけ古着を取り入れたコーデなどもいいですね。

商品数が多いことによって、他者と被りにくいこともその魅力といえるでしょう。多様なアイテムが存在する古着でトミーヒルフィガーのアイテムを探してみることをおすすめします。

 

トミーヒルフィガーを着こなすコツ

引用:https://cyclones.ti-da.net/e11280404.html

魅力がたくさんのトミーヒルフィガーの古着。では、そのアイテムを実際に着こなすためにはどのような事を意識すれば良いのでしょうか?それはずばり、色のバランスです。そのポイントをこれからより詳しくメンズ・ウィメンズ向けに紹介していきます。

・メンズ

まず、オーソドックスなワンポイントシャツやロゴシャツをコーディネートに使用した場合はパンツを明るめのものにしてみると良いでしょう。トミーヒルフィガーのネイビーやブラックのアイテムに暗めのチノパンなどを合わせてしまうと、少し堅苦しい印象になってしまいます。全体的な雰囲気や色を調節するためにおすすめなのは柄物のスラックスやショートパンツ。シンプルでありながらもカジュアル要素のあるトミーヒルフィガーのシャツだからこそできるコーディネートですね。

続いて、黄色や赤色といった明るめのシャツを使用する場合は黒や白のシンプルなパンツを合わせると良いでしょう。明るめのシャツに明るめのパンツを使用してしまうと、派手すぎる印象になってしまうことが多いです。そのため、トップが明るい分ボトムズはシンプルなものにしておくのが得策。

・ウィメンズ

まず、トミーヒルフィガーの中でもシンプルな雰囲気のアイテムを使用する場合は明るめのパンツと合わせてみると良いでしょう。具体的には、ネイビーのロゴシャツに明るいベージュのワイドパンを合わせるといった感じです。また、古着と相性の良いコーデュロイ生地のパンツも良いですね。

続いて、明るめなアイテムや色の多いアイテムを着る場合には長めスカートと合わせてみるのが良いです。スカートの色をなるべく落ち着いたものにするのもポイント。また、シンプルすぎるスカートではトップとの相性が悪い場合もあるので、多少の柄があった方が良いかもしれません。

 

これらのポイント以外にも古着を着こなすコツはまだまだ存在するので、それらに興味がある方は是非こちらの記事をご覧になってみてください。

【古着入門編】古着コーディネート失敗しないためのコツ5選

 

おすすめのアイテム

最後に、トミーヒルフィガーの古着の中でも特におすすめのアイテムを紹介していきたいと思います。

・Tシャツ&ロンT

引用:https://www.spinns.jp/fs/ spinns/0070007-sststm-016

まず皆さんにおすすめするのはTシャツ・ロンTです。これらのアイテムには多様なカラーやデザインがあるため、自分好みのものを見つけることができるでしょう。また、オールシーズン使えるのも良いところです。暖かい時はこれ一枚、寒い時は上にシャツはジャケットを重ねることができます。買いやすい価格帯なので、初めてのトミーヒルフィガーはTシャツ・ロンTを買ってみるのもよいのでは?

・シャツ

引用:https://jamtrading.jp/fs/jamtrading/ was6927

続いておすすめするアイテムはシャツです。トミーヒルフィガー代名詞とも言えるシャツは、シンプルなものからカジュアルなものまで様々なアイテムが存在しています。シャツは襟やシルエットなどに清楚感があることから多少派手なアイテムであってもきれめに着こなすことができるというのも魅力的です。また、ブーツとの相性が良いというシャツの特徴も忘れてはいけませんね。古着ファッションを楽しむ上でシャツは外すことのできないアイテムなので、皆さんも少なくとも一着は持っておくと良いでしょう。

・ジャケット

引用:https://www.feeetshop.net/ product/60927

最後に皆さんにおすすめするアイテムはジャケットです。トミーヒルフィガーの90年代のジャケットはその個性的なカラーリングから古着好きの間でも非常に人気があります。スポーティーなアイテムの中にカジュアルな雰囲気を取り入れているお洒落なアイテムが多いのがジャケットの特徴です。多くの古着アイテムの中でも、最もトミーヒルフィガーらしさを醸し出している点も素晴らしいですね。多くのスタイルにフィットする上に応用の利くアイテムが多いことから、本格的な古着コーデにチャレンジしてみたい方にジャケットはピッタリです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?トミーヒルフィガーの古着は本当に使いやすいので皆さんも是非手に入れてみてください。

また、MEGURUでは全国の古着屋、ヴィンテージショップを紹介していますので、古着屋巡りのおともにご活用ください。

参考サイト

「トミーヒルフィガー-Tommy Hilfiger|VOGUE GIRL」